【女性目線】ゴルフを教えてもらいたい!理想の4つのポイント

うれしい女性

昔、ゴルフを練習してたとき、知り合いの男性に無料レッスンしてもらっていたこーごちゃんです。

プロにレッスンを受けていたという年上の男性でした。

なにかロマンスがあったわけでも、好意を寄せていたわけでもなく(お互い結婚してました)。

でも私がうまくなるように熱心に教えてくださいました。

結局はあまりうまくならず、申し訳ないなと思いました。

これからレッスンを受けるなら、スクールに通おうと思っていますが・・・

もしも誰かに教えてもらうとしたら。
どんな人がいいかな?と考えてみました。

怒らないで優しく教えてくれる人

OKしてる女性

一番は優しさ!
これがなかったら、私はゴルフをやめるでしょう。
「ちょっと体を痛めてしまったみたいで・・・」と適当な理由をつけて。

優しくない人、というのは怒鳴る、馬鹿にする、からかう

「頑張って練習してるのに!」という気持ちになります。

私はめちゃくちゃ運動音痴なので、ちょっとでも怒られたら逃げ出したくなります。

きっと教えてくれる人も「なんでこんな簡単なことできないんだろう??」と不思議に思うかもしれません。

でも、運動ができない人って、本当にできない!

根気強く教えていただけるとうれしいですm(__)m

体をむやみに触らない人

No

ゴルフだけでなく、運動は体を使います。
となると体の動きを教えてもらうことになります。

すると口だけではなかなか伝わらないですよね。

そこで出てくるのは「手取り足取り」。

・・・わかっています、口では伝わらないことは。

でもなにも許可なく体をさわられたら、覚悟はしていてもやっぱりビックリします!

できれば「ちょっと体をさわっちゃって、ごめんね」と言ってもらえると安心。

こちらも早く上手になるには体の動きを教えてもらったほうが早い!というのはわかっています。

一声かけてもらえるとありがたいですm(__)m

おごらなくて大丈夫

お金を持つ男性

ゴルフを教えてもらうとき、ゴルフ練習場の座席料やプリペイドカード代などを支払って下さる方がいます。

でも教えていただいてる上に、さまざまなお金を払ってもらうのは本当に申し訳ないです。

男性で、しかも年上だと「お金は払ってあげるべきだ!」と思うかもしれません。

しかしここは対等、むしろこちらは教えてもらっている立場。

女性だから、というよりは弟子という気持ちで接してもらえるとこちらも気が楽です。

レッスンのあとはすぐ解散

運動後の女性

ゴルフのレッスンのあとはカフェで反省会・・・
というのはできれば避けてもらえるとうれしいです。

運動音痴が練習すると、すぐに疲れてしまうので反省会までする元気が出ません

できれば練習場のベンチで缶ジュースを飲みながら軽くお話するぐらいがいいですね。

カフェだと長くなりがちですし、お金も余分にかかってしまいます。
(しかも支払ってもらうことも多く、申し訳ないです!)

次の日の英気を養うため、早めに帰宅してまた元気にゴルフのことを考えられたらいいなと思います!

ゴルフを教えてもらうのはとてもうれしい!

ゴルフ初心者

いろいろ書いてしまいましたが、
知り合いの人にゴルフを教えてもらえるのはとてもありがたいことです。

プロのレッスンは緊張するし、これまでお話したことある人なら気軽な気持ちで教えてもらえます。

でもサービス精神旺盛な方ほど「ここまでしてもらうのはちょっと申し訳ないな」という気持ちになってしまいます。

多分、ゴルフに熱心な方ほど、教えるのに力が入ってしまい怒ったり、長く話をするためにカフェに入ったりするのだと思います。

ゴルフを長く続けるために。教えてくださる人といい距離感でゴルフができるように。
上から目線の話になってしまいましたが、ちょっと考えていただけるとうれしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です