ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に行こう!まず準備するものは?

ゴルフ練習場

まずはゴルフを試しにやってみたい!
そう思ったらゴルフの練習場に行きましょう。

ゴルフの練習場の種類は屋外&屋内

ゴルフの練習場は大きく分けて2種類あります。

ゴルフ練習場その1:屋外練習場

ゴルフ練習場

屋外(といっても屋根はありますが)にあるゴルフの練習場は高いポールとネットで囲まれています。
1階、2階に打席があり広い敷地内にボールを打って、実際にどのようにボールが飛んでいくか確認できます。

自分のペースで練習ができるので「今日はこのクラブを集中的に練習しよう」といったことができます。

規模の大きい練習場では、売店や喫茶店などの設備も充実。
ゴルフクラブも借りられるので手ぶらで練習できるのも魅力です。

ゴルフ練習場その2:屋内練習場(インドア練習場)

屋内練習場は名前の通り屋内でゴルフの練習ができます。

本物のボールを打ちますが、どこに飛んだかを見ることはできません。
でもさまざまな機械を駆使してボールの飛び方をシミュレーションできます。

実際にあるコースが大画面に映し出されて、画面に向かってボールを打つゲームのような仕組みがあったり。

ボールの打ち方を機械で解析してアドバイスがもらえたり。

ハイテクなのが屋内練習場(インドア練習場)です。

どちらの練習場も会社の帰りにふらっと立ち寄れる気楽さがあります。

ゴルフの練習場(打ちっぱなし)で必要なものは?お金&運動できる服装!

ゴルフ練習場

よし!ゴルフ練習場で練習しよう!
そんな時に必要なものはなんでしょうか。

・・・一番はゴルフを楽しむ気持ち!

あれ、そんな答え求めていない??

でもまずはゴルフを楽しもう!と思う気持ちは重要です。

「周りがおじさんばっかりで恥ずかしくないかな?」
女性は確かに浮くかもしれません。
でも年配の女性が夫婦で来ていることもありますし、若い女性がいないこともありません。

1人で行くのは勇気がいるかもしれませんね。
どなたかについてきてもらうのが無難ではあります!

運動できる服装で行く

ゴルフ初心者

運動できる服装で行くのは必須です。

でもゴルフウェアじゃなくてOK!
練習場なのでTシャツとジャージでOK!

靴は普通の運動靴で大丈夫です。

(もしも憧れの殿方と行くなら、ちょっとオシャレしたほうがいいかも!)

持ち物はお金(3000円程度)!

ゴルフの練習場ではクラブの貸し出しとゴルフグッズの売店があることが多いです。

なので初めてのときはお金さえあればどうにかなります。

ゴルフ練習場での支払い内訳
  • 打席利用料(200円程度)
  • ボール代(プリペイドカード1000円)
  • グローブ(2000円弱)
打席利用料、ボール代、グローブはゴルフ練習場によって違います。
(グローブはゴルフクラブを握ったときの滑り防止のため必須)
ゴルフグローブ

でもまず3000円あれば「私にもゴルフできるかも!」という気持ちが高まります。

ゴルフ練習場に行ってみよう!流れをイメージ

ゴルフ練習場

準備するものがわかったら、次はゴルフ練習場での練習の流れをイメージしてみましょう。

  1. フロントで打席利用料を払う
  2. プリペイドカードを買う
  3. (グローブがなければ買う)
  4. (クラブがなければ借りる)
  5. 打席に移動する
  6. プリペイドカードをセットして、打つ!!
  7. 終わったらフロントでチェックアウト

1回行ってみると次からは1人でフラッと練習できると思います。

「ゴルフしようかな?」と思ったら早めにゴルフ練習場へGO!

自分にゴルフできるかな~?と悩んだら、とにかく!早めに!ゴルフ練習場へ!

「意外に自分にもできるかも?」って自信が持てるかもしれません。

ゴルフは年を重ねてもできる、長い期間楽しめるスポーツです。
これまで運動したことない人も、運動音痴だと思い込んでた人もハマるスポーツといえるでしょう。

悩んでいたら「ちょっといいランチに行こう~」くらいの軽い気持ちで行ってみてください!
ステキな世界が待ってますよ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です