【ゴルフやめたい】ゴルフに誘われて断る5つのテクニック

ゴルフやめる手順

ゴルフやめたい!!

ゴルフに誘われてもとにかく断るぞ!!

 

そう思ってもなかなか難しい

 

直属の上司やお世話になっている取引先のエラい人。

会うたびに「ゴルフ行かない?」なんて誘ってくることもしばしば。

 

面と向かって「行きません!」なんて言ったら、今後の付き合いが心配です。

 

できれば、

 

波風立てず。

穏便に。

 

ゴルフの誘いを断りたい。

 

穏便に断れる言い回しを5つ用意しました!

困ったときにぜひ!使ってみてください。

「行けますよ」からの「うわあ、やっぱり無理です!」

始めから「行けません」なんて言ったら角が立ちます。

まずは行けます、という前向きな姿勢を示す。

 

そしてあとでスケジュール帳をチェックして……

「あちゃー、その日は予定がありました!また今度!」

とサラッと伝える。

これは「ルアー法」というフランスのロバート・ジュールという心理学者が明らかにした技法。

ルアーのように引っかかってしまえば、あとで断られても納得するしかないのです。

「子供が受験なんです」「家族サービスしなきゃいけなくて」

家庭の事情があってゴルフに行けない。

相手も「家族のことならしかたないな」、とすんなりわかってくれやすいです。

 

実際に会社の人と家族が会うことがなければ、少し話を盛って断れます。

 

子供の受験。

家族旅行。

 

一人暮らしの人も「法事がある」など。

 

家族ぐるみで付き合いがある場合はちょっと使いにくいかもしれません。

でも汎用性も高く、説得力のある断り方なのでおすすめです。

「海の見えるゴルフ場じゃなきゃ嫌です!」

駄々をこねて断る方法もあります。

 

一例ですが「海が見えるゴルフ場じゃなきゃ嫌!」というのはどうでしょうか。

 

コンペなどでよく使うゴルフ場が決まっていれば駄々をこねやすいです。

会場にないものを言えばいいだけです。

 

ちょっと思い浮かびました。

「セグウェイゴルフができるところじゃなきゃ嫌だ」なんてどうでしょう。

駄々をこねることは「ニブリング」といいます。

 

ロシアの外交官がよく使う戦術として有名になったそうです。

交渉する前から細かいことを難癖つけて、優位に立つように仕向ける。

そして、最終的に「ここが気に入らないから調印できない」と。

 

ただし駄々をこねる方法は問題が2つあります。

  • 嫌われる可能性がある
  • わがままを聞いてくれたら参加しなきゃいけない

駄々をこねる大人は嫌われます。

程々にしないといけません。

そしてわがままを聞いてくれた場合。

海の見えるゴルフ場に会場を変更してくれたら……

 

ゴルフに行かざるをを得ません。注意しましょう。

「夫がダメって言うんですよね……」

パートナーがいる人は「夫(妻)がダメなんですよね」というのもおすすめです。

2つ目に紹介した「子供が受験で」の家庭の事情と似ていますが、ちょっと違います。

 

パートナーがダメっていうのに、無理に誘う。

それって野暮ですよね。

仲いい2人の邪魔をしてしまう。

 

「2人の邪魔をしてまでゴルフを無理強いしては……いけないな」

誘った人がスーッと離れてくれます。

 

これも使えない場合があって、

本当にパートナーが嫌だって言ってない場合

誘ってくる人とパートナーが知り合いの場合

この2つが組み合わさると大問題です

 

パートナーがゴルフに誘う人に、

「ゴルフ行かないで、なんて言ったことない」

と言ってしまったら……大汗です。

「行けないなんて言ったら、怒っちゃいますよね……」

ニューヨーク大学のアーリン・ホークスによると、

「相手への配慮」があれば、断っても絶対に嫌いにならない、と。

 

「怒っちゃいますよね」は相手の気持ちを察してる感じが出ています。

相手も「いやいや、いいよ」という器の大きさを示したくなります。

 

ただ、何回も使っていると本当に怒るんじゃないかと思います。

理由もしっかり伝えて、最後に「怒っちゃいますよね」をプラスするといいでしょう。

ゴルフをやめたい・断るのもテクニックが必要!

わたしはこれまでゴルフに行きたくないときも、理由が浮かばずにしぶしぶ参加してた事がありました。

でもこんなにいろんな断り方があるなんて目からウロコでした。

もしもゴルフをやめたい、断りたい人がいたらぜひ使ってみてください。

 

そして他にもいい方法があったらぜひ教えて下さいね。

参考資料:小心者でもサラリとかわせる「断る」心理テクニック


小心者でもサラリとかわせる「断る」心理テクニック

わたしは断るのが苦手なので苦労しましたが……

この本のテクニックは参考になりました。

特に「こんな本があるってことは、みんな断るのに苦労してる」って知ったこと(笑)

 

Amazon kindleのUnlimitedに登録すれば無料で読めますよ。

読み放題タイトルも5万冊以上あり、雑誌やマンガも多数登録されています。

電車や休憩中にも気軽に読めるので登録を強くオススメします!

月額980円ですが、30日間無料体験も。

ちなみに紹介した本の元値は1320円です。

 

Kindle Unlimitedを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です